のどが痛い

のどの痛みは、そのほとんどが風邪症候群による炎症に関係があります。もともと潜在的に慢性の炎症があったとしても、風邪をきっかけに痛みが増強する(急性憎悪と言います)ことも多いからです。

のどが痛くはれているだけでなく、熱があったり全身的にだるかったりするときには、急性へんとう炎を考えます。のどの痛みの代表みたいな疾患で、風邪の症状と同時に出現しますので、診断は比較的容易です。ただ、のどの痛みは耳に響きやすく(放散痛と言います)、耳の炎症と間違えることもあります。

もっとも特に子供では、へんとう炎などのどの炎症に急性中耳炎を併発することもありますので、そちらの面も注意が必要です。

子供では、風邪によるのどの痛みと考えられても、耳の痛みがあるときには、一応耳鼻科医に診せてください。耳の痛みがなければ、内科的、小児科的に風邪を治すことが優先されます。

このようなのどの痛み、はれを年に何回か繰り返すときには、慢性へんとう炎もしくは習慣性へんとう炎を疑います。これらの場合、ことに習慣性と呼ばれるほど頻回に急性憎悪を起こす人では、へんとうの細菌が体の他の部位に強い病的反応を引き起こすこともあります。

これを病巣感染と言い、その原因となっているへんとうを"病巣"と称します。

こうした病巣感染は体全体に悪影響がありますので、血液検査で実態を確認しておく必要があります。その検査結果によって、抗生物質を投与するか、へんとうを取ってしまうか、判断するわけです。

ひどいのどの痛みが何日も続き、熱が下がらない場合には、へんとうそのものだけでなく周囲に炎症の広がっていることがあります。炎症が広がっている(へんとう周囲炎と言います)だけならまだしも、膿(うみ)を持ってはれ上がる=へんとう周囲膿瘍(のうよう)と呼びます=と大変です。

痛くて食事がとれませんし、口が十分開かなくなります。ときには呼吸も苦しくなりますので、とても放置できません。強力な抗生物質を使用し、場合によっては膿瘍の切開と排膿も必要です。

同じようなひどいのどの痛みと呼吸困難をもたらす疾患に、喉頭蓋(こうとうがい)膿瘍があります。これは気管の入り口、食道の分岐点(喉頭蓋)に膿がたまるもので、強い痛みと息苦しさを覚えます。

早期に適切な治療が受けられないと、息が詰まりそうになり気管切開術(首の前の皮膚を切り、気管に窓を開ける操作です)が必要になります。

油断せず、のどの痛みは早めに耳鼻咽喉(いんこう)科にどうぞ。

(三好 彰:三好耳鼻咽喉科クリニック院長)

トップページへ 次へ もどる